月別アーカイブ: 2009年10月

Photography class


今朝はDe Anza college の半日クラスに行ってきた。イベントの写真の撮り方クラス。

10人ほどのクラスで、2-3人がセミプロ、3-5人が写真歴が長く、知識はある。その他は私のような初心者レベルかな。ほとんどは、まあ、よく言われる、クロースアップと、とにかくたくさん撮ること。それから、忍耐強く、待つこと、などなど。これだけ書けば、新しいことじゃないけど、今日の収穫はプロの経験からくるちょっとした知恵やコメント。多分、セミプロの人々は、こんな初心者レベルでも来るのはその辺かも。私の隣の人は、Brad(インストラクター)がマクロでどうしても撮りたくて、でもマクロレンズがない時は、レンズを逆に使ったりもするよといって、実際にレンズをはずしてカメラ本体にレンズを逆にくっつけて見せてくれたとき、それだけで今日来た甲斐があったとコメントした。ちょっと普通では考えられないことをプロはしているのね。

Bradは元新聞社の写真家。主にフットボールチームのSF 49ners を撮り続けていたらしい。その他、スタジオ、結婚式、などなど、日本にも食べ物特集を撮るプロジェクトで行ったことがあるらしい。その時の写真も見せてくれた。ちゃんとした器具がない状況下で撮らなければならないから、どんどん創造的になる。そんなことがチラホラと見えるところがすごく面白かった。

実際に普通の人が撮る写真と、同じ場面、同じ設定でも、どうしたら数十倍にも面白い写真になるのかの例を幾つかみせてもらって、そうーだよねーと思った。

最後に私の撮った写真を5枚ほど持っていったので、見てもらった。どこを調整したらいいのか、指摘されると納得する。でも、私もやはり一番いいかなと思った写真はそのままで修整するところがないといわれた。もっと納得いかなくて、でもどう調整したらいいのかわからない写真を持っていけばよかったと後悔する。かたや、私のしたい方向性は悪くないという自信もついた。その意味で、いいクラスだった。

来週末はSLRの基本操作のクラスを撮る。それから、欲張って人物写真の撮り方のクラスも。楽しみ!