月別アーカイブ: 2012年6月

灼熱の憩い – どこに?


7月後半のキャニオンランズNP は、パークレンジャーに問い合わせた結果、とんでもなく暑いことがわかってきた。
なんと平均気温は華氏107度(摂氏41度)、地面は130度(摂し54度)、日中の行動は極力避ける事と警告を受けた。
うひゃ~!

その後、さらなる調整の末、グランドキャニオンはスッポリ抜かした。
そして、 旅のハイライト、上図、EからHにかけてのアーチーズNPキャニオンランズNPに絞った。
そこでは、再び水なし、トイレなしのキャンプになる。 ウグ~。
まだキャンプ場の予約は取れていないが、ホテルの予約は完了。 やったー、チェック!

全行程、約2,500 miles 、50時間の走行距離を15日間かけて走る写真旅行。ウキウキ。
旅行は計画する所から始まり、調整に苦心するところが面白い。
あれこれと想像して準備するところが面白い。ワクワク。
持ち物準備にパッキング。面倒くさいけど、未知の世界が待っていると思えば我慢できるよねー。 ・・・これは、微妙。

ネットの写真は勿論たくさん見た。
でも、実際の景色は、匂いは、肌で感じる世界はぜんぜん違う。
私の感性をビンビンに働かせて、繊細さと大胆さをバランスよくとって、パチリ。
再びお肌バキバキになって帰ってくることになるけど、今しかできない事だから、行ってくるぞ~。

灼熱の中に、きっと憩いを見つけ出せると思ってるよ。そんな経験を一枚のイメージに収められたらいいな。

PS テスト


威力ありますね。
うまくいかない部分はいくつかありますが、時間さえかければ、私でも使えるようになったことがわかりました。

まず、パーティーの帽子を除去。

Quick Selection ツールでおおよその輪郭を選択して、輪郭の修正をして、Content-Aware を使う。一回ではうまくできないから、何回も使った。

マニュアルを読めば、きっと、もっといい方法があるにちがいない。
今は適当に、しゃかしゃかしゃかと、

 

なんとか取り除くことができた。
髪の毛もちょっと修正。

微妙に変だけど、こんなにクロースアップしなければ、だいたいよい。

 

次は顔と首の整形。

Spot Healing ツールで、主に皺とシミを除去した。

ひょいひょいひょいと、
多分、わずか数十秒の作業。

あっという間に、20-30歳の若返り。

不自然に、過剰にならないように気配りしただけで、こんなに仕上がりがきれいにできた。

Adobe CS6になってから、威力の差を感じますね。
言うまでもなく、
Lightroom 4も見違えるようにパワーアップしている。
LRからPSへの編集移行もスムーズ。
Adobe 社員でもなく、リベートもらっているわけでもないけど、
断然お勧め。

リッチにゴロゴロ


20120610-IMG_0434
わびしい生活を送ってまいりました。
こんなリッチな経験は初めてでした。
おかげさまで、何もしない事を十分楽しんできました。

ちょっと遅い、誕生日のお祝いなんですよ。

海辺の Bed and Breakfast Seven Gables Inn
Hyatt Carmel が満室のため、幸運にもこの宿にめぐり合えた。

ロマンチックとエレガント印の宿。
ばんちゃんは恥ずかしがることしきり。でも、私はおばさんパワーで平気。再び訪れることはないと思ったので、パチパチと撮ってきた

この宿からは、朝日が見える。
太平洋に面しているカリフォルニアで朝日は想像つかないが、Pacific Grove の地形を見て納得。

マッサージサービスも、海を眺めながらのうとうとお昼ねも、ゴロゴロ~っとお部屋で3 日間。

20120608-IMG_0336

夕食はお勧めの Highlands に行った。
ドレスコードがあったので久しぶりのおめかし。
優雅に一皿ずつ、夕陽を眺めながらいただく。

とはいえ、やはり、カメラが手放せなくて、つい、パチリ。

20120608-IMG_0346

見たことのない花。
レストランの人いわく
Pincushion というあだ名がついている花だという。
Wikipedia によると、Protea Pin Cushion といい、アフリカ、ジンバブエの花。
このレストランでは、この花を空輸しているとか。

隣の老夫婦は東海岸からUS Open を見に来ていた。
ついでに Pebble Beach でゴルフをして帰る予定だと話していた。
ふーん、私たちもあんな風に見えているのかしら・・・と振り返った。

お財布の中を気にしない週末。
もう終わっちゃったのね。
・・・今、
お財布の中を見て無事終了にホッとしてます。

パックマンの目


金星だけど、もう~、大失敗。

200 mm レンズで撮ったと思ったのに、
ズームできてなくて 88 mm になってた。
どおりでイメージが小さかった訳だ。

泣いてましたわ。
そして、放り出してました。

で、今晩気をとり直して、もう一度見てみた。
アレレ?

90度回転したら昔懐かしい、パックマンみたい。

アハハ。

太陽はパックマン、金星はパックマンの目だった。
パクパクパク

シルバーマークを探せ


そりゃー5歳の子になら、見えているでしょう。
どこかにシルバーマークがついているらしいのだ。

先日、けいちゃんの家のBBQパーティーにおよばれした。
3歳の女の子がいる家だから、当然友人関係も子供がらみとなる。3歳から5歳までの子供達が走り回っていた。
でも、子供は面倒くさいから適当に無視していたのだった。
彼女の料理はおいし~い!

次の予定が入っている私たちは、途中できりあげて帰る準備をしはじめた。
みんなにお別れの挨拶をして、ついでだからと、無視していた子供たちにもハグして立ち上がりかけた。
すると、

”Who’s granadma are you?” と、子供。
無?
何?
エッ?
“Who are you talking to?” と、私。
無視していた仕返し?

どんなことでも初めての経験は、ショッキングなものです。
でもね~、これ、かなりきましたよー。
IMG_0294
帰りの車の中、さっそくばんちゃんに報告。
そうしたら、なんと彼は彼で興奮気味。

女の子達の遊びの中に入っていると思ったら、

“You’ve got a grandpa~!” 

と、女の子。
ばんちゃんの足をつかまえているもう一人の女の子に向かって叫んだ。

その後は一気にゲーム化。
走り回っては “Grandpa”  の連発だったとか。

2人そろって初体験に、大爆笑。

シルバーマークはどこにあるんだろう。
顔、首、手。
あとは姿勢かな。
歩き方も、話し方も・・・?

顔、首、手は、もう、諦めるしかないか。
だったら、その他のマークは断じて拒否したい。

そうだ、考え方もね。
死ぬまでシルバーマーク拒否。
柔軟性のある考え方を持ち続けられるよう、ワクワク探しに、さあ、出かけよう!

金星の通過


すごいですよね。
この前、月に太陽の前を通過されたと思ったら、今回は金星。今、写真を撮ってます。
ただ、諦めていたから準備してなくて、日食の始めの頃は撮っていません。
しかも、窓の中からブラインド越しに撮ってます。

今日、サインが必要な届け物があるので、待ってます。
これを逃すと面倒なので、外出できないんですよ。
もう、7時過ぎているのに、どうしたんでしょうか。

えっと、今日の日の入りは・・・ 8:25 pm
金星の通過が完了するのは 9:47pm だそうで、最後まで見られません。
日の入り前に建物の影に隠れてしまいそう。

この次、金星が太陽と地球の間を通過するのは 2117 年だそうです。
よっぽど医療技術が進んでない限り、大ちゃんでも見られないんですね。

さて・・・ 写真どうしましょう。
これは5:07pm 慌ててパティオから撮った2枚目。
1枚目は失敗。木の葉が太陽をさえぎっていますが、金星がチョコリと小さく見えます。

フル稼働の週末


20120602-IMG_9780
どーっと疲れて、今日は少々ダウン。
でも、午後から復活。
歳のせいにはしませんよ。ただ、いろいろな事があっただけ。

まず、写真クラブの人と Woodside の Wunderlich Park に行った。
Fottohill 写真クラブのイベントでどこかに行くのは、これが初めて。

ほとんどが木立の中の道で、木漏れ日を受けての写真となった。
初夏みつけたよ。

満足。

20120602-IMG_0095その後、頼まれて6歳の誕生日パーティーの写真を撮りに行った。

6歳の男の子達が20人ぐらい。
いやはや、ものすごいエネルギーです。
写真を撮っているだけで疲れたぞ。

でも、やっぱりまだかわいいから、疲れるけど楽しい。
孫が早く欲しいと思う気持ち、わかりますね。
ペット感覚?
しかられるかな?

そして最後はお夕食に誘われていた。
ビール醸造のレストランで閉店まで話し込んだ。
土曜日ですからね。

日曜日は、特別何かがあったわけでもないのに、
シャワードアが壊れたり、電球交換とか、ケーキ作り初挑戦の準備とか、
もう~、買い物いや~、というくらいちょこまかといろんな店に行った。

そうそう、猫シッターもあったか。
もう、いい加減店じまいのはずが、その後も若者に付き合って夕食、映画。
お姉さん、お肌によくないですよ・・・!
なんの、なんの。1000枚近く撮った写真を見て、明け方まで起きていた。
ご老体、ご苦労、よくやった。