月別アーカイブ: 2014年8月

Cuban walk


リモデルの準備と買い物で、大金がゴロゴロ動いています。
小心者の私は、この辺でちょっとおさらいをしないと落ち着きません。
バックスプラッシュのデザインなんかもスケッチしてみたけど、どれもイマイチかな。
20140828-20140828_232231
ふ~。
だから、ちょっと休憩ね。週末まで、何も考えないー!

昨日のダンスレッスンは Cuban Walk モーションの練習でした。
Rumba ダンスは前から基本を教えてもらっていましたが、あの独特の歩き方はどうするものなのかしら・・・と思っていたんですよね。
このサイトに例が載っています。

どうもこのモーションをマスターしないことには先に進めないようです。
前と横への動きはなんとかできるようになったけど、後ろ歩きができない。
普通に歩く時と逆の動きですから、足と体重移動が後ろに歩く時に突然できなくなってしまいます。
硬いのは体だけじゃなくて、頭も固かったんですね。

いつもはつまずくばんちゃんが、この歩き方はすでにマスターしたようで、ちょっと得意がってます。
く、く、悔しい・・・
ひそかに練習しなければ!

リモデル バスルームへの挑戦


もともとバスタブが欲しくてスタートしたプランでしたが、2階でもあり大掛かりな工事無しには完成しそうもないので、泣く泣く断念しました。
結局フロア構成は変更無し。見かけだけアップグレードするというプランになりました。だから問題ないと思っていたんですが、そうでもなかったんですね。

意見の一致がぜんぜん取れなくて、ピザ屋で夕食をとりながら大喧嘩です。
デザインの一致というより、情報収集の方法の不一致ということでしょうか。なんだ、それ? ですよね。
「二人の関係を悪化してまでするリモデル意味ないんじゃない?やめちまえ!」という私の言葉に、長い、ながーい沈黙。そして、どうやら収まったようです。

今日は昼休みを3時間とってタイル屋に行きました。
無事、タイルを選ぶことができてよかった。
キャビネットはSaratoga Plumbing Supply からJensenのMochaという濃い茶色、スタイルと木の種類はコンテンポラリーに変更です。
カウンタートップはシンクと共に一枚になった白をオーダーする予定です。

シャワーはこの写真のスタイルを全部もらいました。
20140827-20140827_114403

20140827-20140827_114422
およそ流行とは無縁、クラシックなばんちゃんが紆余曲折の末、ここまでたどり着くことができました。それを横でサポートしていた私は偉いな。で、お店の人に見積もりを出してもらっていたら・・・
「クリーム色のタイルは在庫切れ。すごい人気で、即なくなっちゃったんですよね。」
「エッ、そんな!」
「イタリアから直輸入して2-3ヶ月はかかるかな。」
「エッ、そ、そんな!」
声も出ず、ばんちゃんの落胆振りといったらありません。せっかく大喧嘩の末にここまでたどり着いたと言うのに、タイルがない・・・!で、渋々、微妙に違う他の色に変更です。私としては、変更後の色の組み合わせの方が断然気に入っているので、「ばんちゃん、かわいそう~」と言いながら、内心ホクホクです。

20140827-20140827_122352
シャワーとファルセットはHansgrohe製品。
床はキッチンの床と同じMediterranean beige travertine

これで一応バスルームも完成です。あとはメディソンキャビネットを壁に埋め込むというプランがありますが、コントラクターに話をしてから決める予定です。
あ、シャワードアがまだあったか・・・

リモデル 買い物


週末の二日間、バシバシ決めましたよ。

  • 一番大きな買い物は、カウンターの部分になる花こう岩。
    Netuno Bordeaux というスラブを2枚。
  • バックスプラッシュにはPhiladelphia というタイル
    それにアクセントを加えるつもりです。
  • 床は、Mediterranean beige travertine
  • そして、これは最高にチャレンジのある買い物。玄関に埋め込むメダリオン。20140823-20140823_151737
    このデザイン、少々不安です。Rojo Alicante が一番赤い色で、それが気になるし、東西南北とシャープに線が引かれてるところ、どうかなと思いました。でも、ばんちゃんと合意できたのが唯一これなんで、決めちゃいました。出来上がってくるまで、一番心配なところ。
  • オーブンレンジはGE のダブルオーブン。
  • シンク、ファルセット、ディッシュワッシャーは予約だけしました。

まだバスルームと玄関のドアが未定。オーダーに4週間かかるかもしれないと言われて、焦ってます。明日早朝、近くのSaratoga Plumbing に予約を入れました。キャビネットはそこで決めたい!

週末を除くと、工事が始まるまであと15日。来週、コントラクターがデザインを描きはじめるので、今週末で大半の材料の買出しを終了させなければ!

リモデル あと3週間ちょい


時間がないと焦るのは私だけかしら。
9月始めにコントラクターが再び来て、サイズの再測定。
その後、デザイン作成。私達の了承確認。
材料のオーダーを即始めて、9月15日からデモリション、そしてスタート。
スタートの前にすべての材料が配達されている必要があります。

つまり、買い物ツアーをいっぱいしなければいけないんです。週末があと3回。頑張らなくちゃ。

Bに勧められて、紙までいただいたので、こんなものを作ってみました。
ザックリと計ったキッチンのフロアプランです。赤い所が修正するところ。
冷蔵庫、オーブン、シンク、ディッシュワッシャーのピースをどこにするか決めれば、
後はキャビネットとカウンターをパズルのようにはめ込んでいだけです。
20140821-IMG_7067
それから、今日の発見。これいいなー。
まだばんちゃんに見せてないけど、このシンク、Kohler のStaging
まさか、シンクのお値段がこんなに高いとは思いませんでした。
でも、いいな~。
お金がいくらあっても追いつかないような気がしてきましたねー。

明日、Bedrosians というタイル屋の人とアポをとりました。前回KとBに一緒に行ってもらったお店。できたら、ここで全部そろえてしまいたいと思ってます。で、アイディアの打ち合わせです。

リモデル 市場調査


リモデル。キッチンの電化製品も新しくするので市場調査続行中。
いや~、最近のテクノロジーの進歩で、美味しそうなギャジェットがわんさかですよ~。

まず、オーブン。そもそもキッチンリモデルをしようと思い立った最大の理由でもあります。壁に埋め込んである、めちゃくちゃ古い二つのオーブン。新しくするにあたって、いろいろ調べた結果、壁埋め込み式ではなく、クックトップの下にもってくることにしました。しかも、2つのオーブンを失わないと言うのが条件。そして絞りこまれた3つが、これ。

Slide-In Electric Range with Flex Duo Oven
最初に選んだ製品。Samsung Flex Duo スッキリとした外観で、1つのオーブンとしても、2つのオーブンとしても、はたまた、2つでありながら、オーブンを小さく使うこともできるというのが売り。
また、オーブンの下に調理済みの皿を暖めておく引き出しがあるというオマケつき。
それだけじゃないですよー。もう一丁オマケだよー、これを買ったらディッシュウォッシャーがタダでついてくる・・・なんという美味しい話。

6.7 CU. FT. CAPACITY ELECTRIC DOUBLE OVEN RANGE WITH INFRARED GRILL AND EASYCLEAN™
この機種のみが赤外線で調理するという点で気になってます。時間も短縮され、節電にもつながるという仕組みです。ただ、大きいオーブンが2つってのが、セールスポイントなんでしょうが、私には逆効果。その代わり、大きいのと小さいのが欲しい。
しかも、コントロールパネルが後ろにあって、ちょっとダサい。格好いいバックスプラッシュ作れないじゃん。

GE Profile™ Series 30″ Slide-In Double Oven Electric Convection Range
目下、これが第一候補です。ばんちゃんも気に入ってくれたようだし。でも、ちょっと高い。ディッシュウォッシャーがタダのSamsungを振り切ってでもこれにしたい理由は、Samsungの決定的な欠陥によります。ドアが一つしかないので、どちらかの料理が完了したら、もう片方がまだでも開けなければならないんですね。それって、温度に敏感な調理には向いてない。欠陥だよ。たいした料理通でもないのに、そこまで気にするんかい?といわれそうですね。

まだ、実物を見てないんで、最終決定はその後ね。
20130203-IMG_8585
次に紹介したいのは、ドアロック。
玄関のドアも換えたいので調査中ですが、ロックシステムに興味あり。
Kwikset の Kevo です。
私のMr. Sherlock(車)と同じ仕組みのKeyless。
鍵がカバンの中に入っていさえすればアンロックされます。
でも、Kevoはその一歩先を行っています。携帯があればロック、アンロックできる。しかも、携帯を通して誰かに鍵コードをあげることもできるという便利さ。
ただ、便利さの中には大きな落とし穴もありますから、微妙です。
ばんちゃんにはすでに却下されました。ま、想定内です。
あの慎重派のばんちゃんがこんな便利なものに即賛成するはずがないです。携帯で第三者に鍵を渡すことができるところは、まさに怖いところですよね。
私も実はどうかなって、思ってました。でも、こんなロックのある家を訪問してみたいです。

次は蛇口。断然ほしいです。
DeltaのTouch 2Oという技術を搭載したこのモデル
Touch 2Oテクノロジーとは名前が示すとおり、軽く触れば反応して水が流れるというもの。
このリンク先のビデオを見ていただくと一目瞭然です。
これを見てばんちゃんは「すぐ壊れるよ。」と言って、長い長い経験談をしてくれました。
ウムウム、想定内。
でも、これには私も反撃です。5年の歳月の実績と5年間の保障がついてくるんよ!
彼の心は揺れています。
しばらく、そっとしておきましょう。きっといい答えが返ってきそうな気がします。

と、まあ、数え上げたらきりがないんですが、最後にもう一つ紹介して今日のブログを終わらせましょう。
新しい技術でもないと思いますが、このドア
プールサイドに出るドアをキッチンにつけたいと思ってます。それで、これが候補。
真空になったドアのガラスの中にブラインドが入っています。コントロールが横についていて、上げたり下げたり、ブラインドのアングルを変えたりとできます。
ホコリの心配もなく、スッキリとした外観にばんちゃんもバッチリOKです。

テクノロジーの進歩はいろいろな方面で行われ、活用されていたんですね。
こんな発見って、気持ちいいです。
ただ、私達のリモデル、資金調達の確保をまずしておかないと、とんでもないことになりそうです。

宝石箱 完成!


20140818-IMG_7064
土曜、日曜と朝4時ごろまで起きてました。
シンドイ!
でも、宝石箱作りにエンジンがかかってしまい、止められなかったんですよね。

仕切り作りは辛かった。20140817-IMG_7050
もう、こんなの作らない。
ただ、苦しい過程を経て徐々に仕上がっていくのを見るとうれしくて、止まらなくなります。
こんな風に、
20140817-IMG_7052

こんな風に。
3段重ねの最上段、完成!
20140817-IMG_7054

次は下の段。

ネックレス系を入れる所。ビーズで止めヒモを作りました。
パールのボタンに掛けることにより、ヒモがフック代わりになるわけです。
20140818-IMG_7057
見た目はいいんだけど、ちょっと使いにくそう。
そこで、他の3本はとてもシンプルな紐にしました。
下段、完成!

20140818-IMG_7060
上下重ねると、こんな感じ。

感無量。
20140818-IMG_7062
これでカルトナージュは一応卒業とします。薬箱も作りたいから、多分、また帰ってくるけど、一応、オシマイ。
自分、頑張ったね。
さあ、リモデルもあるし、部屋の中のダンボールなどなど、思いっきり捨てましょう!
え~い!
 

読むこと


今日は、「読むこと」の話し。

遠い昔、若かりしころは時間を忘れ、徹夜して小説の中にのめりこみ、ほとんどの本は1-2日で読んでしまったものでした。

最近は、借りてきた本を1週間で読み終えられたらいいほうです。

この変化は、当然、生活形態の変化によります。
ふんだんに時間があった学生時代と、仕事をすることによる限られた時間のある生活の違いは当然あります。
でも、なんといっても大きな違いはネットアクセスの有無です。
携帯の4G のバーの強弱はありますが、大抵の都市ではどこでもどこでも繋がるようになりました。
今時、電車の中で本を読んでいる人は何人ぐらいいるんでしょうか。電子書籍も出回っていることだし。
20130203-IMG_8345
私にとってこの違いは、本を読むか読まないか以上に大きな影響があり、今、その変化を逆修正したいなって考えるようになりました。

アメリカの会社に勤め始めてから、いろいろ自己改革をしましたが、その中の一つに、要点をまず押さえて2-3の文章で言い切るということがありました。ミーティングで勝つにはズバッと要点を押さえて発言しないと取り残されてしまいます。まずはみんなの注目を集めなければ、言いたいことも言えないんですね。

メールもしかりです。2-3行で結論を書いておかないと返事が来なかったり、却下されたりと、過酷な状況でした。ものすごいスピードで動いているプロジェクトを管理するには、100も200も来るメールはサッと見てわかる簡潔さがないと追いつけない。

いつしかそんな行動パターンが身について、仕事以外でもそんな感じ。本を読む機会そのもがなくなっていました。長編小説なんて、冗談じゃない。時間無いんだから、要点押さえてよぉ。
そんなんだから、時々読む本、How-Toものは「要点が押さえられていて、簡潔で好きだー」ということになっていったのでした。

これ、昔はすごく「おっさん」風に見えたものでした。でも、私もそのど真ん中にいたようです。

ウェブの新聞は読むんですが、実は最近気がつきました。私は90%ぐらいはタイトルしか見ていないって事。サーっと目を通して、1つか2つのニュース記事をクリックしてザクザクッと読むぐらい。気を引く記事がなかったらそれだけ。4-5のニュースサイトを見ますから、そうしないと時間がなくなっちゃう。だから、最近は有料会員の方しか読めない記事が多くなってきていますが、そんなに困らなかったんですよね。また、Googleニュースは便利なんですが、過去に読んだ記事に関連したサブジェクトを自動で拾ってきてくれちゃうので、ちょっと避けてます。

・・・で、最近立ち止まってみました。そうしたら、
あれれ、私の知識、めっちゃ浅くなってきてない?
ただでさえ浅いのに、これ以上浅くなったらまずいじゃん?
携帯でモバイルバージョンの記事を読みながら、脳みその中を想像しちゃいました。

自分の意見を言えるだけ咀嚼してるものがないんじゃないの?
食事だって20回ぐらいは噛んでから飲み込みましょうって言われてるのに、こりゃ1回噛めばいいほうで、鵜呑み状態かも。
スマホは便利だけれど、退屈しのぎの子供のビデオゲームと同じじゃないの?
24時間垂れ流しのジャンク情報をサラサラと見ているだけじゃん?

ということで、大反省。 Wall Street Journal を購読し始めました。
面白いニュースとコラムが満載で、ちょっとはまってます。

なになにー?新聞なんて「読む」部類に入らない?
確かに。
でも、私にとっては朝、1時間ぐらいかけてコラムを読むことは新鮮です。
誰かの意見の主張があり、それについて考える。それについて誰かと意見交換もできればもっといい。
最近は英語版と日本語版の両方を備えている新聞が多いですよね。同じ記事を両言語で読むと、つまり、同じ記事を2回読むことになるんですね。すると、意外な発見があるときもありで、得した気分にさせてくれます。

今後、私にとっての「読む」は、歳をとっていく過程で変わっていくはずです。
小さい頃は、本を読む事が奨励され、本さえ読んでいれば親からもしかられませんでした。確かに日本語という言語を確立する上で、言葉や文章を真似することから多くの事を学べました。
大人になり、ここまで来た私。最近はどうかなって思います。本を読んだら偉い人になるわけでもないですからね。
何をどう読んでいくか、また、読んだ後、それをどうするかが問題だと思います。
本を読んで得た知識や疑似体験は、あくまでも何かをするための手助けをするもの。
ツールとして活用するという意味では、言語学習と同じだと思ってます。

究極は私を幸せにしてくれること。そして私の周りにも幸せ波動を起こせること。そういうことに貢献してくれるような「読む」があればいいですね。
Audible の普及もあり、最近は本を「聞く」人も増えてきています。もう子供じゃない私ですから、それもおおいにありですねー。