月別アーカイブ: 2017年12月

2017年最後のブログ


色々なことがありましたが、それらを書き綴る代わりに最後のブログを書きます。

このサイトに触発されて、観葉植物の鉢カバーを作って見ました。

コードを埋め込んで編むので形が崩れません。全て細編みです。

上の白い部分はこんなに丸くするつもりはなかったのですが、ふんわりとした雰囲気が出たので、結果オーライとします。(日本で流行りの言葉を使って見ました。もう廃れてるのかな?)

古い鉢は色が剥げてきてしまったので、庭で使うことにします。

古い余り毛糸とちょっと硬めのコードで、簡単にできてしまうプロジェクト、好きです。

来年もこんな予期せぬプロジェクトを突然することでしょう。短い人生、楽しくやろうね!

これからモントレーに年末年始、ダンスパーティーに出かけます。では、よいお年を!

夕暮れの出会い


Russian Ridge Preserve は家から車で15分ぐらい。普段、混んでいそうなので、私たちはあまり訪れません。でも、今回は私の足慣らしにカメラ持参でチョコっと行ってみました。

夕日に佇むコヨーテ。ISO8000, 400mm, f/7.1, 1/160 sec.

特別なものがあるわけでもない、ごく普通の保護された空き地。
でも、夕暮れには出会いがある・・・今日はそんなお話し。

まずは名も知らぬ小さな池を静かに歩きます。金色に輝く池の中でアヒルが静かに泳いでいました。ちょっと眠くなるような、のんびりした風景。

その後、Hawk Ridge Trail を歩きます。なぜならカイトを見たって聞いたから。
どんどん、どんどん歩いても全然見えない。
ようやく見つけたカイト君。豆粒みたいに遠くに居た彼ですが、大きな赤い目は私達をすでに確認して居ます。5歩進んではパチリ。5歩進んではパチリ。あと100歩ぐらい近づけたらいい写真が撮れる!その一瞬の後にバサバサっと飛び去って行ってしまいました。ISO1000でようやく撮れたショット。

残念だなー、悔しいなーとカメラの中のイメージを検証します。カイト君を依然として探しているバンちゃんを横目に眺めた風景。山並みの向こうに太平洋の海が光って居ます。
雲がその上を覆うように雲海を作っていて、ケーキの上のデコレーションみたい。

Charquin Trail を歩いている頃は太陽がどんどん、ずんずん加速度を増して沈んでいきました。
早く、早く!でも、どこへ早く行きたいのかわかりません。

ついに雲の下に隠れてしまった太陽。雲の下の海はミステリアスに何も見えない無の世界・・・って当然ですが、なんかいいな。

ダウンベストにジャケット、それから帽子もかぶって暖かい。でも、カメラを持つ指は凍りつきそう。
「静かな夕日をありがとうね!」と、手をポケットに突っ込んで引き上げ始めます。

「シー!」バンちゃんが、突然、立ち止まります。
私たちの目の前。そこには、夕日を見つめるコヨーテ君がスクッと立っていました。

うす暗がりだったけど、彼は私たちのカメラ調整を終えるまで、じっと待ってくれました。何回も撮り直して、ISO8000まで引き上げてようやく撮れました。ノイズは残念だけど、こんなにバッチリ正面から撮れたのは初めてだから、ヨシ!

夕暮れの出会い、素敵な出会い。

ウィーンの三日月は、どう見える?


スイスのウィーンの夜空ではありません。ウィーンが発祥地の三日月クッキーの話です。

特別大奉仕で、可愛らしくつくってみました。
でも、試食したバンちゃんは、「最初に言っておいた方がいいから言うけど、チョコチップクッキーが一番好きだから。」
はい、何度も聞かされてます。だからこそ、それを超えるクッキーはないものかと挑戦してみたわけなんです。サブレーみたいな感じのクッキー。甘さ控えめ。私は好きですけど。

こんな感じで焼き始め、

こんな感じに仕上がりました。
それでもいいんですが、これじゃ、半月みたい。
で、頑張って三日月に近づけようとしました。
なんだかパックマンみたい。味のある顔立ちになってきたんで、良しとしましょうか。

ウィーンの三日月はどう見える?

年末の掃除第二弾 – サイバー上の部屋


サイバー上にたくさんお部屋があるのは便利です。でも、掃除をする機会はほとんどありません。なぜなら目に見えないからです。

今はいたるところでストーレージを提供してくれていて、サーバーそのものがどこにあるのか全くわからなくても、平気で暮らせちゃう。例えばこのブログだってその一例です。でも、たとえ無くなっても生死に関わることじゃないから、諦めもつくというもの。

ストーレージの大きさに限界がある場合は、マメに掃除してあげないとすぐ満杯になって、テラバイト単位で使用料を払ったりするわけです。使用料自体、大した金額ではないと思っても、怖いですよ。アメリカ人がよく使うミニストーレージと同じです。離婚率も高いせいか、家具などを一時的に保管する予定で借りる、あの小さい部屋。一時的が結構半永久的になる人たち、多いんです。なぜなら、断捨離ができないからです。

サイバーの世界も同じです。断捨離ができないから、保存するメモリ量が増えて、一度ストーレージ使用料を払い始めると、半永久的になる。

私の場合、本当に無駄が多くて、すでに4箇所に使用料を払って写真やその他のデータを保管しています。このブログも有料オプションなので、ブログ保管に使用料を払っているわけです。許容量は莫大なので心配することはありませんが、ゴミまで保管しておきたくないです。

で、サイバーのお部屋の断捨離とすす払い。これ、時間かかります。年内終了ぐらいのペースで進めます。

  • 使わないアカウントはUnsubscribeなどして処分する。できないものは仕方ないのでジャンクフォルダーに自動転送させる。
  • 必要なアカウントのパスワードの更新をする。
  • emailアカウントのジャンクフォルダー、ゴミ箱を空にする。
  • 送信、受診したメールも自宅の保管庫に入れるか削除する。
  • 古い写真は自宅の保管庫へ。もしくは削除。それほど古くなくても駄作は削除する。
  • できたら有料サイトを4箇所から3箇所に減らしたい。

年末の詐欺にご用心


ついさっき届いたメールを見て、ビックリ。
なんと、iCloudのストーレージプランを$145も出して買ったレシートが届きました。しかもフィリピンから。
勿論、そんなことしてないんで、誰かにハックされて使われたのか?!

「見覚えのない場合はこちらから詳細をみるように」と、リンクが貼られていたので、即クリックしてしまいました。なにしろ、こんなに巧妙に本物と同じようなレシートが来たんですから。

開いたページがどうも不思議。もしやこれは・・・釣られたの?

真っ白、真っ青、心臓バクバク。

即、マック、iPad、iPhone全ての電源を切り、冷静になるように水を飲みました。

  • アップルのウェブサイトに行って、ログインして、アカウント状況を確認する。
  • アカウントのパスワードを変更する。
  • クレジットカードのウェブサイトに行って、使用状況を確認する。
  • アップルのサポートにメールを転送し、詐欺かどうか確認してもらう。

以上のことをしました。あと、何ができるでしょうか。出てきたウェブサイトに何もタイプしてないから、多分何も起こらないと思いますが、どうかな。

だいたい、つい先日、私のクレジットカード情報が盗まれて、カードをキャンセルしたばかりだったんで、その意味では今年はついてない。昨日、年末にかけて詐欺事件がたくさん起きているから気をつけるように、という記事を読んだばかりでした。

詐欺の手口はどんどん意をついて巧妙になってきています。くれぐれも、気をつけましょう。

誇らしく年末の掃除第一弾


もうヘトヘトです。
でも、気持ちい〜い!

オーブンの汚れ落とし

昨日もクッキーを焼いて、まだまだ焼くつもりの私としては気になる汚れ。それに、クッキーのお団子を一つ、手の届かない所に落としちゃったんで(多分、ガスバーナーの付近)気になってたんですよね。で、思い切って”Self Cleaning”オプションを使ってみることにしました。購入してからまだ一度も掃除してないって、信じられないなー。

4時間もかけて高温で汚れを焼き切るらしいです。だから、この写真のように灰と化してます。気になったクッキーのお団子は、最初の10分頃、オーブンの中で燃え始めました。炎がなかなか消えないので、消火器まで持ってきましたが、炎自体は5分弱で消えました。

そんなこんなで、4時間は家にへばりついていることになりました。だから、オーブンをチラ見しつつ、次の掃除作業に着手。

シンクのパイプ掃除

バンちゃんは毎朝髪をシンクで洗います。だから、彼の毛が詰まって水を流すと1分ぐらいシンクの中に溜まっています。彼もさすがに使えないと思い、別のバスルームに移動して行きました。

で、私の登場です。このツール (Drain Snake Hair Drain Clog Remover cleaning tool)、3個で$5.49 の威力を見よ〜!

このギザギザに髪の毛が引っかかって、ゴソゴソ出てきます。でてくるたびに「ギュエ〜!」と悲鳴。20ー30回ぐらい繰り返したでしょうか。恐ろしい量の髪の毛が詰まっていたんで、最初は挿入するのにも手こずりました。が、突然感触が変わります。「もしや、これが?」と思える軽い感覚。その後は出てくる量も減り、私はエキスパート気分です。

バンちゃんにプラマー代の$150を請求しよう。

ラグのシミ汚れ落し

バンちゃんの毎朝のコーヒーサービスは嬉しいんですが、こぼしながら持ってくることはすでに書きました。だから階段にはシミの跡がたくさんついてます。

今日は徹底的にこいつに挑戦です。プロのシミ抜き薬品を使って結構びしょびしょになるまで何回も。まだ取れない所もありますが、大方よし!

台所のシンク下の整頓

大したことではないですが、整頓するために箱を作りました。

ちょうど、アマゾンから配達があったので、その箱を利用して、ささっとサイズを調整して、強度の高いアルミ箔を内側に貼って完成です。

清々しいな。

オーブンのセルフクリーニングの4時間。意外にいろんな事できるんですね。

さあ、明日もクッキー焼きますよ〜!

クリスマス探し


Saratoga federated church の毎年恒例のミュージカルを観てきました。

私たちは無宗教なので所属していませんが、ご近所さんの教会なので時々顔を出します。ここのミュージカルは本格的なオーケストラの生演奏と、かなり上手な歌声で、そこら辺の有料ショーよりずっと見応えがあります。

それに比べると、ダンスは力不足かな・・・と思っても、頑張ってる姿がいい。下手でも情熱が伝わってくる時ってありますよね。それが生のショーの醍醐味です。

教会ですから、最終的にはキリストの誕生シーンが登場します。この赤ちゃん、演技中全然泣かなくて、良い子にしてました。クッキーや笑顔もいっぱいで、一年間のドタバタも許せてしまう。

その後、ご近所さん達とクッキーとお茶で久しぶりの夜更かしも悪くない。彼女は毎年1週間もかけてクリスマスの飾り付けをします。一つ一つの飾りに特別の思い出があって、捨てられないし、飾らないオプションはないんだそうです。だからトイレの中までこんなに飾り付け。

こういう情熱やこだわりって、関わっていると感染するんでしょうか。

私にとってのクリスマスはシンボリックなものです。宗教に関わらず心が暖かくなったり、隣人や今日の日に感謝できたら、それだけでクリスマス。2017年のクリスマス、見つけた!