義理チョコを作ってみた


昨日の日本はどんなだったのでしょう。ものすごい勢いでチョコレートが消耗された日だったのでしょうね。ここカリフォルニアでは、そこまでチョコレートにこだわりませんが、小洒落たレストランは満員御礼、男性方が花束を抱えていても全く不思議ではない日。

日本語のクラスの生徒に文化の違いを色々と話しているうちに、今年は義理チョコ作っちゃおうと思い立ちました。それで、こんな感じとなりました。ダンスの先生達に差し上げたり、クラスのゲーム優勝者にご褒美としてあげたり、結構楽しませていただきました。ふむ、贈り物って、作る段階から楽しくさせてくれるのかもしれません。作ったと言ってもパッケージを作っただけで、中身は日本のお菓子を入れただけですけど。喜んでもらえたらいいなぁと思いながら作ることは、自分を幸せにしてくれることだったんですね。

特別ダンスコーチのレッスンをプレゼントしてくれたバンちゃんには、本命チョコを作って上げました。白いチョコの扱いが上手くいかなくて、しょぼくなっちゃいましたが、美味しかったよ〜!

今日のレッスンはバンちゃんなし。FoxtrotのTwincleという動き、スロー、クィック、クィックの2歩目の動き方だけで45分が終わりました。これ、すごくないですか?カナダから来た特別コーチのマリオとスタジオの先生ザックと、2人がかりのレッスンで私の2歩目の動きだけを徹底的に観察し、矯正してくれたんです。まさに感動ものです。2歩目の威力。上体のポジション、顔と目の位置と動き、腕と耳の引き締め・・・それだけで汗だくの45分となりました。あ〜、楽しかった。バンちゃん、ありがとう!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください