カテゴリー別アーカイブ: Fun stuff

ぐったり


こういう時に年を感じるのかな。さすがにはしゃぎ過ぎた木曜日と金曜日。
ハロウィーンパーティーにはこの出で立ちで。
マントの下の赤いドレスも葉っぱをつけて改良しました。
よくやったね、私。

そして、今日はバンちゃんの息子とガールフレンドが来ています。
彼女にスワロフスキーブレスレットを作ってあげました。
これはチョチョイのチョイでできましたが、さすがに一日中の付き合いはシンドイ。

ちょびっとだけ、トカゲ君とかくれんぼ遊びをしてみました。
憩えるな〜。

ハロウィーンかぁ〜


昨夜のパーティーはダンスと共に過ぎて行きました。

だからこんな写真しかないですが、好評でした。
私の第1作目のイアリングとチョーカーは無事、パスということでしょうか。

さて、今晩はハロウィーンのパーティーがあるんで、マントを買いに行ってきます。バンちゃんはマントだけでドラキュラになるとのこと。

年末にかけて、いろいろな集まりが増えますね。そう、スワロフスキープロジェクトに力を入れなければ!

Hawaii trip 8: when do I want to give it up?


Standing 13,803 ft (4,207 m) above sea level, Mauna Kea is the tallest mountain in Hawaii. This is one of the main reasons we have chosen to visit big island over other islands. I can say that this is the highlight of my vacation at Hawaii. Agreement with Hawaiian people, it’s allowed to set up only up to 13 observatories at the summit.  And they are one of the best in the world because of the location and some other reasons.

ついに行ってきましたぞ。巨大望遠鏡や天文台に特別興味があるわけでもないのに、きれいな星が見たかったから行きたかった。ここに行きたかったから他の島じゃなくハワイ島にしたんだし。マウナケア山。その頂上には世界でもチリに次ぐ有名な天文台群がある。(多分ね。)

20130727-IMG_0524
You are allowed to go up there only by 4WD by yourself, or join a tour riding a 4WD van. We’ve decided renting a 4WD 4Runner.
Went to Mauna Kea visitor center at 1pm, get an orientation and watched a movie about the Mauna Kea and observatory history. We’ve learned that the mountain itself is a sacred for Hawaiian, so there are many sensitive subjects to deal with for having observatories as well as visiting there. The image below shows that the true peak of Mauna Kea on the right, and observatories on the left. We are strongly discouraged to go on the path to get to the peak. It’s probably only 10 – 15 minutes away from where I took this picture, but we didn’t go there.

天文台ビジターセンターからキャラバンで4輪駆動車のみ登ることができる。もしくは観光ツアーに申し込む。ビジターセンターでいろいろな説明と映画を見て、出発。1時間ぐらいかな。頂上に到着。本当の頂上は下の写真の右に見えているところ。でも、神聖な場所なので禁止されているわけではないが行かないようにと言われている。
20130727-IMG_0542
The path to the summit. Viewing Mauna Loa, 2nd tallest in Hawaii, behind the Mauna Kea summit. Both mountains are so massive and like a mound.  I thought it’s a tough one to take a good picture.  マウナケアの後ろに2番目に高いマウナロア山が見える。
20130727-IMG_0514

We could go into one of observation room at Kecks observatory. Each telescope is made with 36 hexagonal shaped millers, and the room temperature is controlled to match with the outer air temperature at night.  This way, they won’t get any influence from the temperature changes.

ケックス天文台の中の参観部屋に入ることができた。室温が夜の外の温度に設定されているため、寒いのなんのって。ただひたすらすごいな~と36個の六角形の鏡でできている巨大望遠鏡が静かに回転するのを見守っていた。
20130727-IMG_0467

This is one of Gemini observatory. Another one is located at on the Cerro Tololo Inter-American Observatory (CTIO) campus near La Serena, Chile.
I’ve heard many important piece of information, but all I remembered was that it cost $40,000 per night operation. It was made by seven countries joint project, but because of the outrageous cost of the operation each night, allowed observation hours are scheduled based on the amount of funding.

ジェミナイ天文台もケックスと同じように2基からなっているが、もう一基はチリに設置されている。一晩4万ドルという莫大な維持費のため、7カ国の共同プロジェクトではあるが、観察できる時間は出費の割合で決められている。
20130727-IMG_0529

Subaru is standing right next to Kecks made by Japan. It has a unique shape, and the telescope is based on single mirror. Until 2005, it was the largest telescope in the world with 8.2 meter mirror.日本からもスバル天文台が設置されている。2005年までは一枚鏡の8.2メートルが世界最大の望遠鏡となっていた。
20130727-IMG_0488

It was so impressive and great and all… on the other hand, my head started hurting a lot every step I made. The original plan was to stay up there until senset so that we could capture a one of the kind sunset picture. I wanted to stay up there as long as I could… and did, but we still had two more hours until sunset. So we cried and gave up, and went down to Visitor center. High altitude sickness can not be cured until you go down to certain elevation. You just have to give it up. 😦
With mighty last power, we hiked to nearby hill for the sunset. A super large shadow of the hill was on the haze colored like grenadine.

すごいなーと歩き回っていながらも、頭が痛くなっていくのがよくわかっていた。富士山に登った時に高山病で苦しんだ。ここは富士山より高いんだもの、当たり前だよね。日の入りまで待って写真を撮る予定を泣く泣く変更してビジターセンターまで降りることにした。そこで見た夕日。反対側にグレナディン色に染まったカスミ、そこに丘の影が写っていた。

20130727-IMG_0588

We stayed there till after dark. Many astronomy fans brought large telescopes, and showed us stars. But again, my headache was still there. It was my limit. So we left and head back home. I remembered that I was told by my doctor; don’t wait so long without a treatment when I get an headache.  I know, I know… I should had given it up much sooner, but I just couldn’t give it up because it’s the place I wanted to be….!  Even with extreme headache, it was fantastic. I could see billions of jewel starts I’ve never seen before on the sky then.
ビジターセンターまで降りたら治ると思っていた高山病は、痛みを増して吐き気をもよおしてきた。天文ファンが持ち寄った望遠鏡で火星やら木星やらを見て、星の写真を撮りたかったのにできなかった。もう限界に達していた。何回ももう少し居られるとおもいつつもあきらめて帰ってきた。仕方がないよね。朦朧としながらも見上げた夜空には今まで見たこともないほどの数の星が散りばめられていた。

By the way, baby Mauna Kea silverswords were just planted there at visitor center. It’s only 2-3 inches tall, but it will grow as tall as my hight. I don’t know how long it will take for that, but I wished to come back there again to see the growth of silversword someday in the future.
20130727-IMG_0429

シルバーソードという植物。この地域にしか生息しないらしい。まだ植えられたばかりの10センチぐらいしかない赤ちゃん。うまくいけば私の背丈ぐらいまで生長するらしい。また訪れることができるだろうか。その時は絶対この苗の生長を確認するからね。

Hawaii trip 6: how deep do I want to see?


Thanks to my friend K for the suggestion of snorkeling with Manta Ray.  It was indeed, one of the kind, became an unforgettable experience.
Meet at a dock around 6 pm, we set out to south from Kona.
私の夢はマナティーと一緒に泳ぐこと。勿論、マナティーはフロリダの方にいるんだけど、そのかわり、イルカと一緒に泳いで見たいというアイディアもあった。でも、子供用の高級アクティビティーと化しているらしく、エイと泳ぐというKの助言に飛びついた。まさに忘れられない貴重な体験となった。
20130724-100_0043
The sun is setting, we are almost ready for the night snorkeling.
20130724-100_0054
Wearing a wet suite, putting snorkeling gears, holding the under water camera, and here I go down into a dark rough water.
It sounds so brave but it’s not that bad. It’s because there are floating things to hold on to. All I need is to keep my legs and feet up to the surface level. And wait for Manta Ray to come for their dinner.   What they want to eat?  Of course, it’s not us, but a lot of plankton. To attract plankton, they beamed lights into the water, then Manta ray came for it.
This is my best shot.
20130724-100_0069
It’s huge, about 12 feet. It came suddenly and the mouth was a huge hollow open space, I was afraid of it coming at me.
This is the result of his summersalt, upside down.
夜の海の中で見るエイはゴーグルを通してみるからよけい大きく見えたのかもしれない。3-4メートルぐらいは十分あったと思う。
光を求めてやってくるプランクトンを食べようとエイがやってくる。だから強力な光のビームを海の中になげていると、突然やってきた。
最初はその巨大さ、大きく開いた空洞の口に驚いて悲鳴をあげた。写真どころじゃないみたいな驚き。
20130724-100_0070
You can see the gills more on this picture.  They swam so close to me that my camera couldn’t focus well.  Or, at least, I thought they were so close to me.  I simply couldn’t figure out the depth of it.
海の中でのカメラ操作はやはり難しい。サマーソルトを何回も繰り返して見せてくれているエイをぜんぜんうまく撮れてないの。最終的にはビデオを撮る事にして、ずーっと撮ってた。。。と、おもったのだけど。。。なんと、電池切れできちんと保存できてなかったという悲惨さ。泣く~!

20130724-100_0102
On the way back to the dock, I’ve got so sick. I vomited into a cup but it wasn’t enough. So I dumped my puke out to the side of the boat several times. I was worrying about that my puke did splashed people behind me…  On the other hand, almost all of the passengers did like me one way or the other. So I decided not to say anything about it. Besides, I was so sick and didn’t have a strength to do anything.
To end this post, let me include a shot done by the cruise company from the night.
964134_309273039209668_819455494_o
上の写真は私のものではなく、このクルーズ会社の写真家が撮ったもの。
帰りのボートの中で、あまりにも長いこと強烈に洗い波にもまれ過ぎて嘔吐しちゃったよ。それがねー、気になる事が一つあるのよね。。すごい勢いで走るボートの先頭に座っていたのね。コップにもどしてはボートの横に捨てるってことを繰り返していたんだけど、はたと気がついた。もしかしたら、後ろの人たち、私のもどした物をかぶってない・・・?
ばんちゃんに話したら、「大丈夫だよ。みんなもどしてるから気にすることないよ。」だってさ。

Horizon


What do I see beyond the horizon… ? This was my question for the day.
I painted it again where I can see a tiny body of the sea right below the sun.
I don’t have the answer for it yet. So I will paint it again with the question:

What do I want to see beyond the horizon?

20130604-IMG_9894

 
地平線の向こうに何が見える?  何かを求めて太陽の下のわずかに見える地平線のあたりを描き直してみた。
でも、ちがうんだよねー。納得いきません。

地平線の向こうに、何を見たいの? そう、この質問が欲しかった。もう一度描き直してみよう。
 

Getting closer


Re-shaped the tree, and added leaves for poppies.
I’ll leave this for now and think about the color and shapes for a few days.
20130603-IMG_9893
完成が近づいているようでもあり、まだ遠いようでもありです。
木を木らしく描き直しました。
Kの助言に基づいてポピーの葉を描いて見ましたが、どうもうまくいきません。
だからちょっとごまかしで暗くしちゃいました。
木になる部分はまだあります。その辺を2-3日考えてみます。

Short weekend


Together with Memorial Day, three days weekend was longer, but wasn’t long enough…
Inviting friends, getting one year older, and started painting.
It was a short weekend.
休日が追加された3休の週末だったのに短かった。楽しいことは長続きしないのだ。
Gちゃん達がエリックに会いに来てくれた。あまり時間はなかったけど、16歳同士、どうだったかな。
たまたま私の誕生日でもあったので、Gちゃん、ケーキを持ってきてくれた。ありがとう!
こちらのお皿はKちゃん、Gちゃんからのプレゼント。ありがとう。
トーマスさんのデザイン、父のお皿に似ている。シンプルな色はやはり使いやすそうだ。
これでちょっとだけ、お料理への意欲が沸いてきましたぞ。
Thank you, G for the cake! And thank you, G and K for two Thomas Arakawa’s potteries. I thought they are similar to my dad’s dish.
20130525-IMG_984120130528-IMG_9851
Started painting suddenly. The motif is a sunset and popppies. It’s for Banchan’s bedroom. I must say it will take at least two weeks to say it’s done.
ばんちゃんの家でクレヨラと画用紙を発見。それで突然延ばし延ばしにしていた絵を描いてみたくなった。7枚ぐらい描いたところで、キャンバスに移行。デザイン画とはぜんぜん違うけど頭の中のイメージを振絞って描いた下描きが左。空だけ集中して描いてみたのが右。
20年も眠っていた絵の具は、干からびて使い物にならないものも多かった。筆もコチコチに固まっていた。
でも、楽しいわ~!時を忘れる~!
あと2週間ぐらいで完成したいな。
A rough sketch on the left, and two hours later on the right. Worked only on the sky for now.
20130528-IMG_9845
20130528-IMG_9853