カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

ネクタイ


スワロフスキープロジェクト第3弾、バンちゃんのダンス用ネクタイ。

透明クリスタルがいいと言ったのでこんな感じになりました。右側下3段、グニュグニュ動いて失敗してます。でも、遠くからならわからないよね。 横にあと一列ずつ足したら完成かも。
悪くない。欲を言えば、もう少し小さいサイズのクリスタルを使ったらよかったかも。

周りにある物の色で七変化するクリスタル、輝きが断然違うスワロフスキー。気に入ってもらえたら、私的にはコバルトのShimmerバージョンで再挑戦して見たい。

今晩のレッスンはスクールフィギュアテストです。ワルツとチャチャの2種目。

二人で踊る事を想定して一人で踊れるかどうかのテストです。しっかりと型とステップを覚えていないと合格できません。男性のリードにフォローして踊るのが社交ダンスですが、フォロアーとしてもキッチリ踊れないとダメなんですね。

バックヤードパーティー


友の招待してくれる集いは、どれも個性的で好きです。

かつては会社の同僚や飲み仲間を集めて楽しみましたが、最近は元気と予算に乏しくて、年に数度、バンちゃん家族を招待するぐらいです。

昨夜はダンス仲間の集いがありました。総勢40人ぐらいかな。
ケータリングサービスの人たちが5人、厨房や裏庭で準備やサービスをしています。
40人ものゲストの対応にはそのぐらいの助っ人が必要ね。

もちろんダンスができるスペースもあり、広い裏庭フル活用です。

バックヤードパーティーと言えば夏。
ふーむ、もう秋ですよ。
「でも、あと一回だけ!」と、季節の神様に時間ストップをお願いして、真夜中まで楽しんだパーティーでした。

Foot work


あたふたしてます。いつものことですが。
今晩、メダル昇格テストがあります。ルンバとワルツ。

例のごとく、私たちは家では練習しないので、カタツムリのように進みます。それでも、こんな風にスタジオ側からプレッシャーがかかり、昇格テストを受けることになります。

ワルツはブロンズ1か2なので、問題なし。歩幅を均等に保つようにとのアドバイスだけでした。ルンバはブロンズ3から4になるためのテストです。足の運び方を注意されてます。つまり、AからBに足を持っていくだけのレベルは卒業していなければいけないんです。そんなの、テスト寸前に言わないでほしい。

  • 踏み込んだ足に体重がかかり終わるまでもう一方の足は極力動かさないようにする。
  • 踏み込んだ足でターンする場合、もう一方の足はターンが半分終了ぐらいまで動かしてはいけない。

自分の踏み出しをコミットする、そしてより綺麗な動きとラインにするために、残された足は忍耐強く待つんです。

Arthur Murray のスクールフィギュアにスパイラルターン(このページの最初のビデオ)があります。

今回はそれに挑戦です。まさに踏み込みと待ちがきちんとできるかがわかる動きです。それをパートナー無しで一人ですることになります。できるんですが、荒削り。ビデオの人みたいに洗練された動きになるまでには時間がかかります。

ショーケース終了


二日間で76曲、踊りきりました。歩数、約50,000歩。
フィギュアの浅田真央ちゃんの引退表明があったそうですが、ほんの少しわかるような気がします。比べるつもりはないですが、最後のダンスを踊り終えた時の達成感、いや〜、とてつもない安堵でしょう。

その後、再び爆食いとなりました。テヘッ!

スマホで暗い室内撮影、やはり限界がありますね。80歳のチャーミングなクラブメイトと。

総括としては、60%の出来かな。練習全然してないんだもん。
バンちゃんが初日にフォックストロットを放棄。二日目はインストラクターと踊ることになりました。

気づいたことは、ワルツとかフォックストロットのスムーズダンスより、チャチャ、スウィング、ハッスルなどのリズミックダンスの方が断然好きだということ。

下の写真、鮮明ではないですが、先生の姿勢、ピチッとまっすぐなのがよく分かります。それに比べると私の方は崩れてる。顔も下向いてるし。

次の目標は2週間後に迫るレベルテスト。しっかり姿勢を崩さず踊れるようになること。

話変わって、今日からウェブオーサリングのクラスが始まりました。読むものが多くて、50ページぐらい、シンドイです。英語の50ページは今でも日本語より2ー3倍の労力が必要です。どうしてもスルッと頭に入らない・・・遺憾、いかん・・・三日坊主にならないように頑張ります!

 

 

ドレスの森


四月のショーケースは刻一刻と迫っています。
減量はできないけれど、最低限の準備はとにかくしなくては。ハイライトはドレス。

2日間で72曲を踊るんですが、男性の場合、一着、もしくは二着あれば十分なところ、女性の場合はスムーズダンスとラテンダンスとではドレスを変えなければならないんです。しかも、2日間なので四着欲しいところです。

まだまだ下手な私たち。でも、ドレスを着るとそれなりに上手に見えるし、本人もドレスに合った動きをするものだと言われ、購入しました。初出場の前回とは違うので、少々プレッシャーがかかります。念のため、6着持っていきますが、着るのは多分、この3着です。
家中にドレスがかかっていて、ドレスの森となりました。

インストラクターのOKサインが出たので、これから、髪飾りの研究に取り掛かります。
自分で作っちゃった方が早いかなーと思い始めてます。
この歳になってこんなことするとは思っても見ませんでしたが、結構楽しいじゃん。

それはさておき、肝心のステップと姿勢。今日もしっかり腕の上げ方と首の置き方を注意されました。カチカチの筋肉ですから、時間がかかる。フュ〜

ダブルインサイドターン


明日、ウェストコーストスウィングの昇格テストがあります。でも、まだダブルインサイドターンがうまくできません。(ビデオとは違いますが、ターンの部分は、同じような感じです。)

家ではろくに練習しない私達ですが、昨日は雨が降ったこともあって家で練習しました。

チェックされる項目は3点だと思います。その中でも、一番難しいのが、ダブルインサイドターンです。重心がブレるとうまく回れず、次のステップが踏めなくなります。二人で踊っているときは、なんとか崩れた姿勢を取り戻すことができますが、一人で踊ってもブレずに回れるようになっていないといけません。実際、テストでは一人で踊らされます。

One two, three and four

このthree and four のところで回転を終了します。かかとを付けずにthreeとfourの時にクルリと回転しているところを見せなければいけません。andの時はどうするか。そこがわからなかったんですが、練習の成果ですね。すこーしわかってきました。そして、このandは意外にも、すごく大切なんじゃないかと思います。

dressそして、今週末はメダルボウルです。合格することを前提にドレスを準備しています。今回はDisny のPrince and Princess がテーマなので、眠れる森の美女のピンクのドレスを安くネットでゲットしました。が、当然のごとく大きすぎて、長すぎて使えません。だから、自分で調整し始めたんですが、泣きそう。バラバラ解体事件の真っ最中で収拾がつきません。どうしましょう。。。

今日はハロウィンですが、ターンの練習と、ドレスの修復に再挑戦します。

30秒で何したい?


たかが30秒、大した事はできません。

りんご一つ食べきれるかな?
トイレで用足しできるかなー?
顔洗って日焼け止めクリーム塗るところまでたどり着けるかなぁ?

でも、問題は、何をしたいか。
大した事できないのなら、できる事を作るしかない。

先週の金曜日、私たちは30秒のスポットライトダンスを踊りました。 慌てて練習した割にはまとまってる。振り付けに無理がなかったからでしょう。

あなたなら、30秒で何をしたい?

日本ではキサス、キサスという題名の歌、英語でPerhaps, Perhaps, Perhaps に合わせて踊りました。